お知らせ

平成三十年度四月「やすらい祭」のご案内

重要無形民俗文化財の指定を受け「鞍馬の火祭」「太秦の牛祭」とともに
京の三奇祭の一つとされる「やすらい祭」。

桜や椿などで飾られた花傘を中心に、赤毛・黒毛の鬼達をはじめ約20名の行列が、お囃子に合わせて踊り歩く伝統のお祭りです。疫病を鎮め、健康を願う春のさきがけの祭として知られ、この花傘の下に入ると1年間健康に過ごせると云われています。現在は上野・川上のやすらいが当社に訪れます。
今宮神社の境内では、奉幣神事を斎行した後にやすらい踊りを奉納します。
桜の花を背景に神前へと向かい、激しく飛び跳ねるように、そしてまた緩やかに、“やすらい花や”の声に合わせ安寧の願いを込めて踊ります。「上野やすらい」と前後して「川上やすらい」も境内へ到着します。二つのやすらい踊の特徴を見比べるのも興味あるところです。

平成30年 4月8日(日) 午後3時頃:斎行(今宮神社)

12時 【光念寺】
上野やすらい、出座祭(いでましのまつり)ののち出発
15時頃 【今宮神社】
上野やすらい・川上やすらい神事

Photo Gallery

  • 川上やすらい
  • 上野やすらい
  • 上野やすらい
  • 川上やすらい
ページTOP